外務省 国際機関人事センター

トップページ>応募のガイドライン

国際機関応募のためのガイドライン

国際機関へ応募される方へ

 募集から採用までの流れ

募集から採用に至るまでのプロセスは国際機関・選考の種類によって異なりますが、一般的な流れは以下の
とおりです。このような公募が各国際機関ごとに1年間随時行われています。

募集から採用までの流れイメージ

空 席  公 募
書類選考 面 接

募集から採用までの流れイメージ

※面接の対象として選ばれることをいわゆる「ショートリスト」に残る(載る)と呼びます。
※オンラインでの面接の前に自分で動画を撮影してデータを送るビデオ録画面接が行われることがあります(SONRUというシステムが使われることが多いです)。

     応募資格
    国際機関の職員になるために最低限求められる要件は、一般的に以下のとおりです。
  •  学位:応募するポストと関連する分野での修士号以上の学位があること (ポストによっては、学士号でも応募できる場合もあります)
  •  専門性:応募するポストと関連する分野での勤務経験があること
  •  語学力:英語で職務遂行が可能であること (ポストによっては、仏語その他国連公用語が求められる場合もあります)

セミナー動画

オンラインセミナー基礎編
「国際機関で働こう!」

オンラインセミナー応用編
「国際機関の採用プロセス」

オンラインセミナー面接編
「国際機関の面接はこうやって受ける!」

国連事務局人事担当幹部セミナー

資料PDF
2020.
02.18
国連事務局人事担当幹部による国際機関就職セミナー~履歴書の書き方・インタビューの受け方~
講師:Mr Hong-Sok KWON 国連事務局人的資源部戦略人材管理課長
講演概要(和文) PDF /  プレゼンテーション資料(英文) PDF

パンフレット