外務省 国際機関人事センター
トップページ国際機関のしごと>国際機関の職員

国際機関の職員

 国際機関の職員は、国際社会共通の利益のために、国連やその下部組織、専門機関等に勤務し、ニューヨークやジュネーヴ等にある本部の他、フィールドと呼ばれる世界各地の事務所で、専門分野を通じて活躍しています。日本人が活躍している主な国際機関としては、以下のような機関が挙げられます。

国際連合(UN)、国連開発計画(UNDP)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連児童基金(UNICEF)、世界食糧計画(WFP)、国際労働機関(ILO)、国連食糧農業機関(FAO)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、世界保健機関(WHO)、国際原子力機関(IAEA)、経済協力開発機構(OECD)等

◆職種について

 国際機関の職員の職種は、主に「専門職」と「一般職」の2種類に分けることができます。
  • 専門職:専門的知識や技術を活かして業務を遂行する職種です。この職種の採用は、空席公告を通じて国際的に行われ、そのポストで必要とされる能力を持った即戦力であることが求められます。職務内容は、各機関で実施するプログラム(開発、経済、環境等)に直接携わる業務と、それをサポートする業務(財務、人事、総務、広報、IT等)に分類できます。
  • 一般職:各国際機関の本部やフィールドにおいて、専門職の指示の下、一般事務を担当している職種で、GS(ジェネラル・スタッフ)と呼ばれています。原則として、勤務先所在地での現地採用が行われています。
Copyright©: 2013 The Ministry of Foreign Affairs of Japan